Company

Member


佐藤 友美

代表取締役CEO

(アトナープ株式会社 創業者) 高速データ処理・並列 処理・解析分技術、チップスケール質量分析器と非侵襲血液分析の製品化・事業化を進めている。主に、ヘルスケア・医療機器分野での日本の大手医療機器メーカーやグローバルキャリアとの資本参加や補完的な事業提携を推進している。過去には、アプリケーション特化型の高性能DSPコアであるPU/VUの特許取得と事業化、更に、動的再構成技術を使ったDAP/DNAと呼ばれる高性能並列処理プロセッサーの特許権利化とこれをベースにした事業化に取り組み貢献 する。

鈴木 信男

取締役CFO

(日本興業銀行「現:みずほ銀行」) にてグローバル視点でのマネージメント経験を持つ。香港支店開設、ワシントン駐在員事務所首席駐在員、ロンドン興銀の取締役副社長を経て、興銀信託銀行(現・みずほ信託銀行)の設立に参画し新商品開発と営業を統括。その後、複数企業の役員、経営コンサルティングを経験し、2013年6月よりアトナープ株式会社の監査役に就任。米国等の投資家と経営チームとの円滑な経営プロセスに貢献。

石井 孝一

取締役CMO マーケティング戦略最高責任者

(元三井物産、元株式会社エルイーテック取締役) 大手商社での広範囲なビジネス経験、アミューズメント分野に特化した半導体デバイスから新規事業を展開をする為の戦略立案を行い真正乱数モジュールの特許やハードウェア化を行い一定の成果を上げる。知的好奇心が高く、様々な科学・技術分野のエキスパートやキーパーソンとのチャネルを有していて、Win-Winとなる交渉や契約締結を得意とする。

清水 秀紀

取締役

(元NEC 半導体事業部、元NEC Electronics America Inc., 元ミカサ商事代表取締役専務) アトナープ株式会社の社外取締役を4年間勤めて、リアルタイム超微量分析技術とそのアプリケーション展開の戦略 立案を行った。特に、人材や資金の不足するベンチャー企業が、戦略的に大手メーカーと提携して開発を進めながら、製品化及びそのビジネス展開を実現する手法についてのアドバイスやリードを行った。

印具 毅雄

取締役

(ツバイソ株式会社 代表取締役、ブルドッグウォータ株式会社 代表取締役) コンピュータサイエンスを専攻した後、公認会計士試験合格。大手監査法人に勤務し、会計監査に精通する。REST APIを強みとする大規模な顧客要求にも対応可能なクラウドERPを開発するツバイソ株式会社を設立し、上場企業を中心に業務改善、IT化を支援している。

河島 真治

執行役 CPO 製品・サービス戦略最高責任者

(株式会社マイダス・ラボ 代表取締役社長 CEO) 半導体産業を牽引したマイクロプロセッサー市場の成長期に、ソフィアシステムズ社でインサーキットエミュレータ等の開発責任者となる。同社の事業拡大と成長に大きく貢献した。その後、NECや大手半導体事業会社のプロセッサー事業とその需要の拡大もあって、インサーキットエミュレータを事業ベースとするマイダス・ラボ社を設立する。半導体の応用分野として、FPGAやマイクロプロセッサー、DSPベースの応用PCB事業を大手メーカー向けに展開して現在に至る。

佐藤 匠

執行役 COO オペレーション最高責任者

静岡大学情報学部情報科学専攻(大学院修士課程内定)

佐藤 和之

執行役 CSO

世界初日本発、リコンフィギアブルプロセッサを開発するアイピーフレックス株式会社を創業し、後に株式会社インフォーエスではSIPベースのIP PBXを開発し、主に中小企業向けにビジネス展開を図る。インフォーエスでの実績を評価され、神田通信工業の通信機部門が独立した株式会社アスモの代表取締役社長として、NTT向けビジネスホンやWILLCOM向け携帯電話の開発・製造などのマネージメントを担い、主に企業再生(ターンアラウンド)を手掛ける。

米田 保晴

監査役

元みずほコーポレート銀行米州企画部長等、信州大学名誉教授 LL.M.(法学修士)