Vision

Mission


アクシオンリサーチ社は、21世紀社会の要求(ニーズ)とコア技術(シーズ)の2つを、その事業成長の為の基本戦略と位置付けています。インキュベーション段階の最初のフェーズでは、可能な限りエコシステムを採用し不必要なリスクテイクを避けて、ニッチ市場orセグメント型独占を徐々に広げて行く進め方を採用します。日本では、そのリスクが高い事からアーリーステージのスタートアップを支援する組織やエンジェルが圧倒的に少ないため、投資会社や事業会社が提携可能な段階迄進んでいるスタートアップを見つける事は稀であり資金調達機会も規模も大きくはありません。しかし、この部分を支えるエンジェルや事業会社・投資会社が増える事と、成功例としてROI自体が大きくなる事を見せられる事例を増加させる事が好循環サイクルへの良いスタートとなる事と考えます。

特に、可能性の高いシーズと重要なニーズの2つを選択合致させて、徹底支援するインキュベーション・プラットフォームと事業化プラニング+事業化加速を推進するプラット・フォームの2つをその事業の柱しています。シーズに関しては、アクシオンリサーチ社及び技術開発パートナーやビジネスパートナーが、マイルストーン・ベースの技術開発戦略と事業 化サービスの成長戦略を持ち、バランスの良い知財化戦略を推進する。少なくとも、競合他社や自分達の優位性を担保する条件(重要度)が、アイデアやプロトタイプの完成度、競合他社と比較して顧客ニーズや市場ニーズにどの程度合致したプランとなっているのか、最初は限定された展開でもその後技術開発や市場への浸透が進み始めて加速して行く十分な理由と要因を押さえているのか、インターネットやメディアを通してトレンドをアッピールしてリード可能な指標、その後、これを利用する顧客やパートナーの拡大状況、社会貢献 を示す評価、そして、売上と利益の確実な増加と利用者の満足度を測定して基本戦略へフィードバックする機構が重要であると考えています。

私たちは、最初の段階から大量の資金を投入する形式を目指せないし目指すべきでは無い事から、シリコンバレーでは一般的になったエコシステムを徹底採用します。日本全体としては、イノベーションを多く生み出し経済性の高い循環系社会を目指していますが、省エネ・エコが、当然の社会的条件として無駄を少なくする構造が次々と提案されています。また、ライフサイエンス分野でもスーパー・コンピュータによる解析やDNA分析を進めて、抗体医薬や新薬の個人差による効果のバラつきを探る研究が進んでいます。免疫力や治癒力、病気からの快復力iPSや幹細胞を中心にした再生医療が研究されており、その事業化と応用拡大は世界的規模で進展するものと予想されます。社会的ニーズやトレンドに上手く適合して行く事は、ビジネスチャンスをUPさせて成長性を担保して加速要因にもなり得えます。特に、高性能チップスケール・センサー技術が普及する様になるとビッグデータ解析技術が、癌や疾病・疲労・未病・健康のマトリックス解析を実現し 、インターネットやワイヤレス環境の中で、社会の中で新しいイノベーションのメガ・トレンドとして広く利用される新しいサービスを生み出す可能性があります。このチャレンジは、今後、世界で必要なイノベーションが日本でも継続的をチャンスを生だす構造の設計・創出とプラット・フォーム化が可能となります。