News Release

2017 / 07 / 25

 

理化学研究所より2名の技術戦略上級アドバイザーが就任

 


アクシオンリサーチ社、理化学研究所より2名の技術戦略上級アドバイザーを迎え、プレシジョン・メディシン(精密医療)の考え方を健康科学領域に拡大した研究開発を加速

―理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター長 渡辺 恭良氏および光量子工学領域の世界的な権威である和田智之氏が参画―

 

アクシオンリサーチ株式会社(本社所在地:茨城県つくば市、代表取締役社長:佐藤 友美、以下アクシオンR)は、国立研究開発法人理化学研究所(以下、理研) ライフサイエンス技術基盤研究センター長 渡辺恭良氏に続き、光量子工学領域の世界的な権威である和田智之氏を技術戦略上級アドバイザーに迎えたことをお知らせいたします。

アクシオンRは、AIによるビッグデータ分析等のテクノロジーを基盤とした技術の開発を行っています。アクシオンRの開発しているAIベース技術と解析技術、高速データ処理技術は様々な業界での活用が可能ですが、より多くの人々に貢献するべく、まずは、高齢化社会の到来とそれによる医療費の増加など、クリティカルな問題を抱え社会的インパクトも大きい健康科学領域にフォーカスしています。具体的には、プレシジョン・メディシン(精密医療*)の考え方を健康科学領域に拡大した「プレシジョン・ヘルス・アナリシス」と呼ぶ高精度健康度分析を実現する技術開発を推進しています。「プレシジョン・ヘルス・アナリシス」とは、健康状態を良好に維持することを目的として、ビッグデータ分析を活用し、個人個人の健康度・将来の健康阻害や疾病可能性を評価・予知しようというものです。

すでに技術戦略上級アドバイザーとしてアクシオンRに参画している理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター長 渡辺 恭良氏/M.D.,Ph.D.は、疲労・慢性疲労とほとんどすべての疾患との関係を生体内部の健康破綻メカニズム解析により解析し、世界的に、未病領域のライフサイエンス、とりわけ「疲労・抗疲労の科学」研究開発に大きく貢献してきました。

また、和田智之氏/Ph.D.は、光量子工学領域の世界的な権威であり、理化学研究所の光量子制御技術開発チームを率いています。光量子制御技術においては、分析の目的に特化したレーザー結晶、非線形光学結晶などの光学材料を開発できることが非常に重要ですが、和田氏は、レーザー技術とその材料技術・応用技術を始めとし、世界中の研究機関や事業会社へ必要とされる光学システムの開発と提供に多くの実績をもっています。

この両名の参画により、アクシオンRは、開発中のプレシジョン・ヘルス・アナリシスにおいて、採血など体に負担のかかる検査ではなく、体の測定に特化したレーザー光をあてその反応からデータを獲得する非侵襲測定技術の開発、およびそれらのデータから、現在の体の状態や今後どのような疾病になる可能性があるのか健康度を測定する技術開発が可能になります。プレシジョン・ヘルス・アナリシスには、多量のデータの分析からの裏付けが必要となりますが、これにはアクシオンRが開発中のAXiR Engine(AIエンジンと推論・検証・最適化エンジン)を活用する予定です。

アクシオンは、「健康を科学する」をコンセプトに、健康科学分野での新たな潮流を生み出し、世界の人々に貢献できるよう努力をつづけてまいります。

 

【 技術戦略上級アドバイザープロフィール 】

渡辺 恭良(Watanabe Yasuyoshi)
理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター長、M.D.,Ph.D.

ライフサイエンス技術基盤研究センター生命機能動的イメージング部門の部門長、健康”生き活き”羅針盤リサーチコンプレックスプログラムの副プログラムディレクター、大阪市立大学健康科学イノベーションセンター・所長も兼務。様々な疾患に関わる多様な分子を可視化するための分子設計・分子標識の技術基盤を確立し、次世代イメージング技術の開発を行う一方、この技術を薬効評価・薬物動態、画像分子診断、移植細胞追跡に導入し、創薬、先制医療、再生医療の実現化に向けたイメージング法を確立することを目指している。 京都大学 大学院 医学研究科 博士課程修了

 

和田 智之(Wada Tomoyuki)
光量子工学研究領域 光量子技術基盤開発グループ 光量子制御技術開発チーム グループディレクター/チームリーダー、理学博士。

理研の光量子技術基盤開発グループのチームリーダーとして、宇宙応用のためのレーザーシステムの開発や、ミューオンの超低速エネルギー化のため制御レーザーの開発など、基礎科学研究のためのレーザーシステムの開発を進める一方、農業分野、医療応用、環境計測などを目的としたリモートセンシング用レーザーの開発に応用分野探索の観点も含めた研究を率いている。 東京理科大学 大学院 理学研究科 物理学専攻 博士課程修了

 

Download (PDF File)

 

【 お問い合わせ先 】

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:
アクシオンリサーチ株式会社 コーポレートコミュニケーション ディレクター
冨岡 桂子

TEL:029-886-7051
Mail : pr@axionr.com