Report

レポート

アクシオンリサーチが発信する、健康・AI技術に関するレポートをご覧いただけます。

 


2024 2/ 21  解  説

ビッグデータと可視化技術

ビッグデータは、「Volume(量)」「Variety(多様性)」「Velocity(速度)」の3つを特徴とするデータと言われています。最近は、+「Veracity(正確性)」or +「Value(価値)を加えて4V or 5Vと言う専門家もいます。

詳しくはこちら 

2024 2/ 21  解  説

癌化と老化を抑制する 細胞の代謝

老化は、個人差(個体差)も大きく色々な要因で進行する事が知られています。現在は、老化度示す指標をある程度把握する科学的な試みが増えてきています。

詳しくはこちら 

2024 1/ 9  解  説

ミトコンドリアは何故大切なのか?(無酸素運動・有酸素運動+栄養・カロリー・睡眠・他)

今から約10年前に、人体は、37.2兆個の細胞から構成されるという計算結果が報告されています。学会誌『人体生物学紀要』(AnnalsofHumanBiology)2013年11・12月号に掲載されていますが、当時は、60兆個の細胞から構成されるのではなかったのか?と少し関係者の間では話題となりました。

詳しくはこちら 

2024 1/ 9  解  説

有酸素運動とミトコンドリア活性向上の秘密

ミトコンドリアは、心筋・骨格筋を中心に細胞全体に分布しています。特に、筋肉細胞である遅筋(赤系)に20%程度、速筋(白系)に10%程度分布しているという専門家もいます。ミトコンドリア活性UPと量を増加させるには、ビタミンやミネラルを摂取して有酸素運動の実践がポイントになります。

詳しくはこちら 

2024 1/ 9  解  説

ストレスと疾患リスク・健康寿命

男性と女性は、健康・生命についても本来は平等であるとの期待はありますが、生物学的には女性の方が男性より有利な場合が数多くあります。

詳しくはこちら 

2023 11/ 10 解  説

老化速度と生活習慣

厚生労働省 人口動態統計(2022年度)では、第1位 悪性新生物<腫瘍> 38 万 5787 人/死亡率316.1、第2位は心疾患(高血圧性を除く) 23 万 2,879 人/死亡率 190.8、第3位 老衰 17 万 9,524 人/死亡率 147.1、第4位は脳血管疾患 10 万 7,473 人/死亡率 88.1、第5位 肺炎 7万4,002人/死亡率60.6と報告されています。

詳しくはこちら 

2023 11/ 10 解  説

健康長寿の人々の共通点/ブルー・ゾーン

世界を見渡した時、100歳以上の人が多く暮らしている国や地域があり、これをブルー・ゾーンと呼んでその人達に共通する生活パターンを調査したレポートがあります。Netflixでもセンテナリアン長寿者を訪ねて、その共通点を調査するというプログラムで、米国でこれを適用していくつかの地域に導入した成功事例を紹介しています。

詳しくはこちら 

2023 11/ 10 解  説

抗老化と加齢(疾患リスク)

加齢は、誰でも同じ様に1年過ぎれば1歳分の年を重ねるというのが、今迄の常識でしたが、ニュージーランドの調査研究では、生活習慣やその食事・運動・睡眠・ストレスにより、1年経過しても0.4歳~2.44歳の差に相当する老化・若返り(老化抑制)が起こるという報告があります。免疫力や細胞レベルでの代謝が良くコントロールされていれば、90~100歳になっても全く違う結果になるという事を示唆しています。

詳しくはこちら 

2023 11/ 10 解  説

認知症MCIと脳(最近分かった事)

人間の脳を構成しているのは、主に「ニューロン(神経細胞)」と「グリア細胞」です。長い間、脳の働きの中心はニューロンだと考えられてきました。近年では、脇役扱いだったグリア細胞も、ニューロン並みの働きをするのでは?と期待される様になりました。例えば、誰もが知る天才理論物理学者・アルベルト・アインシュタインは、ニューロン数の差はあまり普通の人と変わりませんでしたが、グリア細胞の数が明確に多かった事が知られています。

詳しくはこちら 

2023 11/ 10 解  説

血管年齢(腎臓他)が寿命を決める

血管年齢は、血管の老化の進行具合を意味する言葉として知られています。血管は、加齢によって老化現象が進行すると、血管の壁が老化して硬くて脆い状態になり、血液の流れも悪くなってしまいます。血管年齢の老化が進む原因は、加齢だけでは無く、偏食や運動不足、喫煙などの影響で、実年齢以上に老化が進んで血管年齢が高くなる事が知られています。

詳しくはこちら 

2023 6/ 9  レポート

LDLコレステロールは本当に悪玉なのか?LDL過剰 NG ... LDL適正値の意識が体を守る真の悪玉 ➔ ”小型LDLコレステロール”

血液中の脂質の移送には、長鎖脂肪酸がアルブミンと結合する形で実行されます。中鎖・短鎖脂肪酸は、親水性が高い事から、血漿中に溶解します。長鎖脂肪酸は、疎水性である事から、脂肪・リン脂質・コレステロール+そのエステル・脂溶性ビタミンは、水溶性リポタンパク複合体として、血液中を輸送される事になります...

詳しくはこちら 

2023 6/ 9  レポート

健康的な食事は、野菜中心が有利」は本当か?ベジタリアン・ビーガン vs 肉食・魚食、疾患リスク 有利・不利の差

健康管理を考える場合、食習慣は大きなテーマとして無視できない重要なポイントになります。多くの専門家が、野菜中心の食習慣を推薦するケースが多くネットでも健康情報は豊富かと思います。日本人の腸は野菜中心でも自然に対応出来る優位性があると言われていますし、腸内環境も肉魚を消化するよりも野菜・果物を消化する方が健康上は有利という説明が多くあります。

詳しくはこちら 

2023 6/ 9  解  説

体内の健康状態・疾患リスクは、血液データ・バイタルを相関・分散・偏差値をカラー化して可視化表示すると直観的で非常に状況を把握し易い

1つのマーカー物質は参考にはなりますが、体内の臓器・血管・リンパのネットワークの状況を推測するには、不十分ですしいくつもの可能性を考えるのに弱いと思います。例えば、あの専門家が言うのだから間違い無い?藤井聡太7冠の勝率は、83.4%の脅威の数字ですが、100%ではありません。人間の健康度や疾患リスクは、日々、数時間レベルで変化していますし想像以上に複雑です。

詳しくはこちら 

2023 5/30  解  説

健康マージンとAXRの可視化技術について

健康マージンとAXRの可視化技術について、少し説明させてください。TVや映画で、医療現場のやりとりがシーンとして取り上げられる場合がありますが、大きな事故や災害は無いに越した事はありません。しかし、実際に起こった場合、「限られた医療リソースをどう対応に割り振るのか?」をトリアージという考え方で医師が決定する事になります。

詳しくはこちら 

2023 5/15  レポート

日本の認知症患者の数について

2017年度 高齢者白書によると、2012年は認知症患者数が約460万人、高齢者人口の15%という割合だったものが2025年には5人に1人、20%が認知症になるという推計値が示されています。この数値は、2023年4月現在、更に悪い方の予測値となっています。

詳しくはこちら 

2023 5/15  レポート

日本の食料自給率について

過去、数十年間あまり色々議論がありましたが、改善は殆ど進展していません。畜産農家や穀物農家は、過去・現在迄、補助金を受けていますが、農業を中止する方向の補助金では?という疑問の声が上がっています。

詳しくはこちら 

2023 5/15  レポート

日本の全死亡者数の増加について

現在、日本の死亡者数(超過)の増加が、過去最多を更新する様になりました。帯状疱疹や癌、その他の疾患数の増加も関係しているのでは?という声も上がる様になりました。現時点では、具体的な要因は謎とされていますが、見えない相関を見つける専門家も増えています。現状について、自分の健康を守るという視点での情報として、以下をシェアさせて頂きますので参考にしてください。

詳しくはこちら